先日、ふらりと立ち寄った本屋さんでなぜか折り紙を購入してしまいました。

水玉模様だったり、サークル柄だったり、大き目のドット柄だったりと、
なんだか可愛らしかったのです。

自宅に帰ってからそれで鶴を折りました。
折り紙をするのは、おそらく20年ぶりくらいではないかと思われます。


とにかく、角を合わせるのが大変で、
こんなに自分は不器用なのかと再発見してしまった気持ちでいっぱいです。

折り紙は器用か不器用かで、その出来上がりが大きく左右されますね。

上手な人が作ると、何となく折り方がビシッとして美しいです。

私が作った鶴はちょっと曲がっているような感じでした。
単純なようでいて、きれいに作るのはわりと難易度が高いですね。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。